1. トップ > 
  2. スポーツコラム > 
  3. ビジネスインタビュー > 
  4. 【第26回】奈良クラブ/矢部次郎「『自分の人生は自分で決めろ』元Jリーガーが奈良のスポーツ界のために奔走」

スポーツコラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

【第26回】奈良クラブ/矢部次郎「『自分の人生は自分で決めろ』元Jリーガーが奈良のスポーツ界のために奔走」

この記事は1年以上前に掲載しましたので、情報が古い可能性がございます。

「『自分の人生は自分で決めろ』元Jリーガーが奈良のスポーツ界のために奔走」
奈良クラブ ジェネラルマネージャー 矢部次郎
 

人生を決めた恩師の言葉を胸にJリーグの世界に飛び込み、現在は「奈良クラブ」のGMを務める矢部次郎さん。奈良クラブは「サッカーだけじゃない」と同氏が強調するように、今後はサッカー以外の他のスポーツやカルチャースクールなども含めたスポーツ発信型地域文化コミュニティクラブを目指されています。そんな矢部さんにプロの道へ進んだ経緯、プロの厳しさとやりがい、奈良クラブの今後の展望などについて語っていただきました。

 

 

――まず矢部さんがサッカーを始めたきっかけをお聞かせください。

 

サッカーをしていた兄と『キャプテン翼』に影響を受け、小学3年生のときに地元・奈良のサッカークラブ「二名FC」に入りました。当時はサッカー人口が増えていた時期で、僕が住んでいた地域は野球よりサッカーのほうが圧倒的に人気だったんです。二名FCには、のちにフットサル日本代表で活躍するような選手も輩出するなどレベルが高く、環境には恵まれていました。

高校はサッカー強豪校の奈良育英に進学しました。同期には、Jリーガーとして長く活躍し、現在はタイのプロサッカーチームでプレーしている中谷勇介選手がいました。さらに2つ上には名古屋グランパスで活躍中の楢﨑正剛選手がいるなど、目標となる選手が多く刺激を受けましたね。なかでも楢崎さんの時代は選手権大会でベスト4に入ったこともあり、奈良育英がプロサッカー界から注目を集めるようになりました。以降、スカウト陣が見学に来るようになり、運よく僕も名古屋グランパスに目をつけてもらったんです。

 

 

――高校生の段階でプロ入りを決めるのは勇気がいると思うのですが?

 

両親からは視野を広げる意味で「サッカーばかりやっていたらだめ」と言われ、小学校や中学校時代はどちらかというと隠れてサッカーをやっていたんです(笑)。僕もそんな感覚だったので、高校卒業後にサッカーを仕事にすることについて悩みました。

 

決断のきっかけは、恩師のひと言です。サッカー部の顧問の先生は担任でもあり、進路についても直接指導を受けていました。プロ入りか、大学進学かの二者選択で悩んでいたとき、「自分の人生は自分で決めろ」と言われて。そのひと言で大学進学を断り、プロの道に進む決断をしたんです。両親には事後報告でしたが、「自分でそう決めたんなら、思うようにやってみなさい」と認めてもらえました。

 

 

――プロの世界は学生と次元が異なると思いますが、実際にプレーしていかがでしたか?

 

とにかくワンプレーの質が高く、内容の濃い練習についていくので精いっぱいでした。ボール運びのスピードが高校時代に比べて段違いに速く、ワンプレーごとに高い判断力が要求されるので、体よりも先に頭が疲れてしまうというか。とくに僕のように評価がそれほど高くなかった選手の場合、1つのミスが命取りになる。だから練習段階から失敗が許されないんです。毎日の試合が勝負、公式戦のようでしたね。それでもピクシー(ドラガン・ストイコビッチ)を始め憧れの選手と同じピッチに立ち、プレーしたり、アドバイスをもらうなどした経験は財産です。

 

結局、グランパスに在籍した3年半で試合の出場機会はなく、新たな活躍の場を求めてサガン鳥栖にレンタル移籍をしました。サガン鳥栖の選手たちはあたたかくて、誰かがミスをしてもみんなで助け合うなど、僕にとっては居心地のいいチームで。4年半の在籍の間、試合にも多く出場し、サッカー選手としての喜びを実感しました。

 

サッカー選手はピッチの外でも活躍の場があると気づかされたのもこの時代です。地域貢献活動のアイデアを自分なりに出して、サッカー教室を開催したり、災害に遭った子どもたちを招待するなど積極的に動きました。

 

あるいは近隣の中学校のサッカー部が廃部の可能性があると聞けば、僕たちサガン鳥栖の選手がクラブ紹介のイベントに参加し、入部を呼びかけたり。その結果、部員数が増え、サッカー部の廃部は免れました。うれしいことに、当時の中学生の1人が、いまサガン鳥栖のスクールコーチをしているそうです。地域での活動を通じて、サッカー選手の影響力を実感しましたね。

 

 

――その後、地元に戻り、「奈良クラブ」を設立されています。

 

サガン鳥栖を経てアルテ高崎(当時、FCホリコシ)に移籍し、2006年に退団しました。契約が切れる最後の試合、実質引退試合の終了のホイッスルが鳴ったとき、「自分のサッカー人生はこれで終わった」と痛感したんです。その後、1、2日はプレッシャーから解放されましたが、3日も経つと目標のない人生が反対に怖いと思い出して……。

 

そこでふと立ち止まって考えたんです。「アルテ高崎にはアマチュア選手もいたけれど、自分で生計を立てながら好きなサッカーに打ち込んでいたな」と。その姿を見て心から尊敬できたし、「自分もプロを引退してもサッカーを続けていいんだ」と思った瞬間、肩の力が抜けました。

 

そこで2006年8月に地元の奈良に戻り、Jリーグを目指せるクラブに参加しようと思い立ちました。それから約1年後、都南クラブの代表と監督が「Jリーグを目指すクラブをつくりたい」という僕の考えに賛同していただき、2008年4月に都南クラブを「奈良クラブ」に名称変更し、本格的に活動を始めることになりました。

 

自分の決断の背景には恩師の存在、そして「自分の人生は自分で決めろ」という言葉がありますね。

 

 

――奈良クラブとはどういうクラブでしょうか。将来の展望も含めてお聞かせください。

 

まず当初の目標通りJリーグへの昇格を目指しています。現在、Jリーグへの準加盟申請中で、近いうちにJ3に加入できればと思ってチーム力を強化しています。

 

ですが、奈良クラブはサッカーだけのクラブにしていくつもりはありません。サッカー以外のスポーツにも進出していきたいですし、もっといえばスポーツだけでなく、芸術や音楽などのカルチャースクールがあってもいい。サッカーやスポーツ、文化を通じて奈良の「夢づくり・町づくり・人づくり」ができるような、スポーツ発信型地域文化コミュニティクラブをつくりたいですね。

 

すでに電動車椅子サッカー部門「VICTORY ROAD」や下部組織(ジュニア・ジュニアユース・スクール)を設立したり、Jリーグを目指さない社会人チームもつくっています。将来的な夢としては、自前のスタジアムや練習場、クラブハウスなどを持つことでしょうか。そして、そこに行けばトップアスリートから地元のおじいちゃんおばあちゃん、子どもたちまでが一堂に集まり、スポーツや芸術、文化活動に打ち込んでいる――そうやって地域の人びとの暮らしが豊かになるようなクラブづくりができれば最高ですね。

 

 


私たちはサッカー・スポーツを通じて、この奈良の地で「夢づくり・町づくり・人づくり」をコンセプトに活動しております。言い換えれば「Jリーグ昇格(アジアNo1、世界No1)・地域貢献・こども、人の育成」です。わたしたちは「奈良クラブ」を通じて人々の暮らしが豊かになることを願います。
詳しくはこちらからチェック!
http://naraclub.jp/

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

グッズに関することでしたら、お気軽にお問い合わせください!

取引チーム

一覧はこちら

ページの先頭へ